現場レポート

ヒヤリハット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを作った職人は、ほぼ還暦を超えてしまいました。

毎日30名程度の30代の職人が、自分の持ち場を責任をもって、何度も何度も確認し、チェックしてもらい、本番の棟上げを迎えました。

一か所でもミスが出れば、工事がストップします。

また、代わりの材料もないので、取り返しが付きません。

かなりのストレスの中、無事に工事が進みましたが、

「鳶さん」が、一度だけ転落事故をしました。

10㎏(?)のカケヤで叩いても入りませんでした。

それは、1週間雨降りが続いたため、木材が膨張し、仕口(咬み合わせ)がきつくて入りません。

そこで、粉引き用の石臼を持ち出して、それで叩き始めましたが、ちょっと角をくって、石臼が横にはじかれ、そのまま転落?。

かと思いきや、これだけ木材が組んであると、2m下には沢山の丸太があるので、それに飛び移って、事故には繋がりませんでした。

後で聞くと、「はじかれた場合には、どれに飛び移るか常に考えて、作業していた」とおっしゃられました。

いまなら「先行足場」があり、そもそも転落事故など在りませんが、当時は足場無しでも平気、サーカスのような作業がまだまだされていました。

もう一つ「ヒヤリハット」がありますので、後ほど写真を探してUPしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOG一覧を見る

施工事例

施工事例一覧を見る