社長のブログ

地盤改良中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の #新築工事では、#地盤調査の結果、#セカンドオピニオン判定でも、

「べた基礎」+「湿式柱状改良」という結果でしたので、その地盤補強を実施しました。

杭径∮600、約50本、改良深度GL-2.5m

表土は真砂土、造成は20年位前ですが、畑として使用されていたところですので最良の方法かと思います。

穴を掘りながらセメントを注入中

 

このプラントで、セメントペーストを作っています。

 

丸く見えるのが完成した杭で、

この上にコンクリートがのる形になり、基礎工事が進んでいきます。

 

〔ワンポイントアドバイス〕

今回の建物は「耐震等級」的には「3」になっています。

耐力壁などを5倍パネルなどを使うと、それなりに基礎にも大きな力が掛かります。

当然、ホールダウン金物も大きくなるし、布基礎部分の鉄筋も大きなものになりますので、

あまり大きな「掃き出し窓」などを付けないようにしたり、偏った平面計画をしない方が安全です。

#新築 #リノベーション #リフォーム #アトリエ #持田建築 #高気密 #高断熱 #低燃費 #Ua値 #出雲大社 #出雲市 #島根県 #住宅  #ZEH #ゼロエネルギー #古民家 #高性能 #高耐震 #注文住宅 #UIターン #省エネ #子育 #建築 #工務店 #耐震 #パッシブハウス #ロフト #ウッドデッキ #オーガニック #木綿街道

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

施工事例

施工事例一覧を見る