社長のブログ

「断熱サッシは危ない!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元店舗部分を高気密高断熱LDKに改修。
今回の難点は、鉄骨躯体が冷熱橋となる事で、外気が冷えると窓ガラスの様に鉄骨が結露する現象が起きる事です。
壁体内の事なので目には見えませんが、窓ガラスが曇る部屋はおおむね外側の壁が結露していると思われます。
但し、床板などの木部は、結露水とならず木材が吸水してしまい、板がだんだん黒ずんできます。
断熱の事を知らずに、ただ真似をして、グラスウールなどの断熱材を入れると、ほぼ結露が発生し、カビも出ます。
最近はサッシが進化し、気密が勝手に取れ、外気も入らず、室温は上がるし隙間風は無くなるし、人にとっては良さそうですが、建物にとって大ダメージとなります。
気密と換気と断熱を総合的に考慮して、快適空間を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOG一覧を見る

施工事例

施工事例一覧を見る