社長のブログ

■スペイン&ポルトガル視察 2017 4⃣:10/19木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスボン市内視察 10/19木

▼カトラバのオリエンテ駅の視察

左右に広がる羽のようなものは、横断歩道橋。↓

しなやかでかっこいい構造ですが、実は使用されていないのです。

なぜだか?分かりますか?

 

▼アルバロ シザの万博・ポルトガル館↓

Expo’98の時に作られ建物見学。

まるでタペストリーのような軽い感じに見えますが、鉄筋コンクリート構造です。

ガイドさんの説明にもありましたが、糸をたるませた感じに設計されたそうです。

日本ではそれを「糸弛み」と言って、神社仏閣の屋根の反りに採用されています。

曲線は重力に逆らわず、自然な感じが一番美しいとされています。

 

リスボンから約100㎞移動。

▼城壁に囲まれたオビトスの町並み視察

 

 

ここは、13世紀末の国王が結婚のお祝いに、この村を王妃にプレゼントされたことが始まりで、

その後王妃が自分の財産としてこの村を管理し、後の王妃に受け継がれてきた町だそうです。

この城壁は、他国との戦争の時、村人が皆殺しにされるのを防ぐために必要だったそうです。

(日本の戦国時代は、後に田畑をさせるために村人は逃がし、殺さなかったそうですね)

王妃に受け継がれるなかで町が大きくなると、城壁も徐々に広がったそうです。

城門をくぐると城壁は圧巻で、建物は「黄色」「青」の 門構えのような着色が有り、印象的でした。

町もきれいで、そして観光客でいっぱいでした。

 

石畳の道路は中世を感じさせ、人々の歴史が感じられました。今は観光客が増え、大変賑っていました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOG一覧を見る

施工事例

施工事例一覧を見る